Agile2010 – Scrum Metrics for Hyperproductive Teams

感想おまちしてます!

P1000900

Agile2010で一番面白かったセッション。スクラムの効果測定方法について具体的に話されていた。スコット・ダウニーさんが話し、ジェフ・サザーランドさんがフォローする形。

Youtube(音声なしなのが残念)

*

  • スコットさんはNapsterでコーチングをされている
  • 68チームでScrum導入によって600%成長した
  • イテレーションは4?5Weekに設定

コーチングのゴールはINVEST

  • Immediately Actionable – すぐに行動
  • Negotiable – 交渉できること
  • Valuable – 価値があること
  • Estimable – 見積もれること
  • Sized to fit – フィットするサイジング
  • Testable – テスト可能なこと

ストーリーの扱い方。

  • まずは適度なサイズをみつける
  • 大きければ適度なサイズにチャンク化すべし
  • 適度なサイズになったときにスプリントバックログにつっこむ
  • キーとなるストーリーを見つけておく
  • ストーリーは人によって考え方が異なる
  • 困ったときはスクラムマスターにレビューしてもらう

デイリースクラムでの3つの質問は有名だが、それをさらに改良しているという。
これについては、Agile2010 – デイリースクラムの4つ目の質問にまとめた。

ここからが本題。

彼は、スクラムの効果測定として、様々な公式を作り、マクロでそれを実装したという。こういうマネージャがいるとチームは楽をできるだろう。

公式の例として以下がある。

Focus Factor = Velocity(予想) % Work Capacity(実績)

見積もったVelocityを実際のVelocityで割って、「焦点となる係数」を洗い出す。数値化は限界があるが、指標としてこういう数字をまとめておき、それぞれが何を意味するかを定義するのは重要。

これらをまとめたのがロボコーチと呼ばれるExcel。Jeffさんのページからダウンロードすれば使えるが、結構新しいOfficeを使っているので、開けない人はPower Point Viewerをダウンロードすれば見ることができるはず。