Agile2010 – Mapping the Agile Enablement Battlefield

感想おまちしてます!

「バトルフィールドだと!」ということで参加したんだけど、Agile(だけじゃなくてもいける)を武器に組織の中でどのように戦っていくか?についてのセッション。

  • Agile2009の資料は、こちらのページからユーザ登録すれば見れそう

P1000885
写真がなかったので昼食のビュッフェ映像を御覧ください。スワン&ドルフィンのご飯はほんとうに美味しい。

*

  • みんな苦しんでいる階層構造
  • みんな苦しんでいる社員の報酬制度
  • みんな苦しんでいる方法論
  • みんな苦しんでいるCragilist(Crap Agilist:うんこアジャイラー)

Agileプロジェクトが成功したとしても、効果がでなかったり、スクラムマスターの残業でなんとかなってしまったりしていないか?なぜ努力に失敗するのか?

  • あまりにも多いプラクティス問題
  • それぞれのプラクティスだけでは十分でなかったりする
  • コントロールではなく、影響をあたえるのが重要 > アークランプのゆーすけさんの話に似ている
  • Agile導入の戦略を立てたとしても、それは戦争になってしまう!

というわけで、組織の戦場MAPを作ってみましょう。
前に、「社内を三国志に例えるなら?」「社内を日本戦国時代に例えるなら?」というのをチーム内でやったことがあり、これをUSミリタリーテイストでやるセッションです。

*

やりかた

  • プロジェクトで作る
  • ステークホルダーを見つける
  • 自分のボスを忘れずに
  • マネージャと自分のチームも忘れずに
  • 円と線で影響を書き込む

pic20100821B こんな感じ。
これらで問題点を見つけることができる。そして、これらはパターン化されている。
P1000933

*

こういうゲームはなかなか面白い。(チーム内でしかできないけど)
自分の状況を確認し、攻撃を仕掛けてくるところを以下に回避してうまくもっていくか。
Agile2010のOrganization部分は、組織論が多かった気がする。