Redmine0.8.0をWindows Vistaにいれてみた

感想おまちしてます!

Redmineインストールを参考にする。
必要なもの。

スポンサーリンク

準備

まずは、Rubyインストール
これがおわったらRubyGemsをインストール。ファイルをダウンロードしてきて、

ruby setup.rb

とすればOK。
つづいてRailsをいれる。gemを使えば以下のコマンドで簡単にできる。

gem install rails --include-dependencies

前はうまくいった記憶があるが、Railsを入れる時に、

C:\rubygems-1.3.1>gem install rails --include-dependencies
C:/fujihara/Ruby/ruby-1.8.7-p72-i386-mswin32/lib/ruby/1.8/i386-mswin32/zlib.so: 126: 指定されたモジュールが見つかりません
。   - C:/fujihara/Ruby/ruby-1.8.7-p72-i386-mswin32/lib/ruby/1.8/i386-mswin32/zlib.so (LoadError)

と怒られた。zlib.soについて調べてみると、RubyLifeさんをみつけたので、zlibのページから「zlib compiled DLL, version 1.2.3, zipfile format」というのをみつけ、USってやつからダウンロード。
Rubyを入れたディレクトリのbinフォルダに「zlib1.dll」を「zlib.dll」というなまえで配置すればインストール完了。
Railsインストールをもっかいためしてみると成功した。

C:\rubygems-1.3.1>gem install rails --include-dependencies
INFO:  `gem install -y` is now default and will be removed
INFO:  use --ignore-dependencies to install only the gems you list
Successfully installed rake-0.8.3
Successfully installed activesupport-2.2.2
Successfully installed activerecord-2.2.2
Successfully installed actionpack-2.2.2
Successfully installed actionmailer-2.2.2
Successfully installed activeresource-2.2.2
Successfully installed rails-2.2.2
7 gems installed
Installing ri documentation for rake-0.8.3...
Installing ri documentation for activesupport-2.2.2...
Installing ri documentation for activerecord-2.2.2...
Installing ri documentation for actionpack-2.2.2...
Installing ri documentation for actionmailer-2.2.2...
Installing ri documentation for activeresource-2.2.2...
Installing RDoc documentation for rake-0.8.3...
Installing RDoc documentation for activesupport-2.2.2...
Installing RDoc documentation for activerecord-2.2.2...
Installing RDoc documentation for actionpack-2.2.2...
Installing RDoc documentation for actionmailer-2.2.2...
Installing RDoc documentation for activeresource-2.2.2...

成功。

Redmineの設定

データベースを設定。今回はMySQLを使う。DBはredmineというのを作っといて、config/database.yml.exampleというファイルをコピーして「database.yml」という名前にリネーム。ここにDBの設定を記述する。

production:
adapter: mysql
database: redmine
host: localhost
username: root
password: pass
encoding: utf8

development、testという項目もあるが、開発モードとかテストモードとかいう意味らしいので、そういうモードでRedmineを動かす場合は、そちらにも設定しておく。
次にDBを初期化。コマンドプロンプトから以下を実行。

C:\fujihara\Ruby\redmine-0.8.0>rake db:migrate RAILS_ENV=production
C:\fujihara\Ruby\redmine-0.8.0>rake load_default_data RAILS_ENV=production

「Select language:」と聞かれたら「ja」と入力する。
これで終わり。

Redmineを動かしてみる

次のようなバッチを作った。WEBrickで動くけど、お試しなら問題ないはず。

cd C:\fujihara\Ruby\redmine-0.8.0
ruby script/server -e production

以下のログがでるので

C:\fujihara\Ruby\redmine-0.8.0>ruby script/server -e production
=> Booting WEBrick...
=> Rails 2.1.2 application started on http://0.0.0.0:3000
=> Ctrl-C to shutdown server; call with --help for options
[2009-02-07 13:44:01] INFO  WEBrick 1.3.1
[2009-02-07 13:44:01] INFO  ruby 1.8.7 (2008-08-11) [i386-mswin32]
[2009-02-07 13:44:01] INFO  WEBrick::HTTPServer#start: pid=5032 port=3000

「http://localhost:3000/」にアクセスすると画面が表示されるはず。まずは「admin/admin」でログインできる。(ログイン後画面が真っ白になったときは、もう一回「http://localhost:3000/」にアクセスするとログインした後の画面になる。バグじゃね?)