GlassFishの運用監視ってみんなどうやってんの?

感想おまちしてます!

GlassFish V2 UR2のSystem Application Server Admin Consoleでもちらりと書いたんだけど、GlassFishの管理画面はすげーいい。
でも、監視とかそういうものはちょっと足りない感がある。
そろそろ使われるようになってきたのかと、ちょっと調べてみたら、「GlassFish Enterprise Manager」たるものがキーワードといてひっかかる。
Sunが打ち出す主要OSSポートフォリオ”GlassFish”の新戦略 by マイコミジャーナルでは以下のように説明されている。

GlassFsih Enterprise Server v2.1(以下、GlassFish ES)は、GlassFish v2系列の最新のリリースをベースにSunによるサポートを追加したアプリケーションサーバ。

OSSのGlassFishのSun製品(有償)のSun Java System Application Serverの後継らしい。
このGlassFish ESには「付加機能としてサブスクライバのみに提供される」以下のパッケージがあるらしい。(リンク先はすべてogino’s blogさん)

  • Performance Advisor
  • Performance Monitor
  • SNMP Monitor
スポンサーリンク

Performance Advisor

Performance Advisorは管理コンソールへのプラグイン。
Performance Advisor サーバチューニング支援では、サーバのCPU数、メモリ量を入れると、最適な設定を教えてくれるツール。
WebLogicとかはドキュメント見ながら最適な値を探したりしたけど、こういうのってサービスの種類によって似通っているので、こういうのがあればいいガイドラインになりそう。
Performance Advisor サーバ監視では、「なんかあったらなんかする」もの。以下のようなことができるらしい。

  • 物理メモリーに関する警告
  • メモリリークに関する警告
  • CPU使用量の傾向に関する警告
  • スループットに関する警告
  • GC停止時間に関する警告
  • ログエントリに関する警告

「なんかあったら」がこれになる。「なんかする」はログ出力やメール送信になるらしい。
このサーバ監視はまさに欲しい機能(でも有償・・・)。

Performance Monitor

Performance MonitorはVisualVM ベースのスタンダロンアプリケーション。JDKのVisualVMより高機能というのが売り。これだと簡単にグラフィカルに監視できる。
多分、これは、過去どこまでもさかのぼれるものではなく、このツールを開いてからの状況になるのかなー。また、ここでも監視の設定を「High」とかにできるなら、Performance Advisorと一緒にできるのでは・・・。

SNMP Monitoring

SNMP Monitoringはwarファイルでデプロイして使うらしい。
これでは、

GlassFish インスタンスの様々な情報を SNMP で取得することができるようになります。

らしい。

その他

「Java SE 6完全攻略」第3回 jconsoleの機能向上 by ITProのように、JMXやjconsoleでも確認できる。

まとめ

有償でいいなら結構なものがある。
しかし、それ以外は自分で実装するか、jconsoleやVisualVMとかを使うしかないようだ。