エンジニアに説明するということ

感想おまちしてます!

会社の人が見ている可能性があるので、警戒しつつ。
人に説明するのって本当に難しい。
いいわけをすると、今だに今の会社の「常識」的な部分に慣れていないので、どうせつめいしたらいいもんか、すげーーーーーー慣れない。そこまで理解できればまだよくなるかもしれないけど、なんか、一生慣れない気も・・・。
ロジカル・プレゼンテーション―自分の考えを効果的に伝える戦略コンサルタントの「提案の技術」
ロジカル・プレゼンテーションの本を読んで、すごくすっきりしたんだけど、結局、理解を得られないのは、大きく言うと

  • 縦の説明ができていない
  • 横の説明ができていない

ことが原因となる。
縦というのは、話の流れが見えない場合であり、横というのは説明が足りていないということになる。
聞き手はそれぞれが違うバックグラウンドをもっているが、結局は縦と横がきちんとしていて、話し方がうまければたいていの提案は説明するという理論だ。
しかし、前提条件は違うわ、事前の資料配布も意味はないわ、MTGに窓口が数名来るわ、結局仕事増えるのが嫌そうなニュアンスを隠さないわ。
なんだか、同じ土俵で話している気がしないから、説明する気にもなれなかったりもする。こういう人って、これまでの感覚だと、孤立してだれも信用されなかったりするんだけど、それが成り立っていることが驚きでもある。
こういうところで働くのは疲れるし、意味があるのかどうかよくわからない。これをこなすことで、何か自分にメリットがあるのか。と考えてしまうと終わる気もする。
なんにせよ、僕のような人間がまとめて、話を持っていかなければならないってのがネックだなー。
でも誰かがやらないと、何もはじまらないんだよね。