長嶋 有さんの「猛スピードで母は」を読んでいい小説だと

感想おまちしてます!

「サイドカーに犬」と「猛スピードで母は」の2つが収録。

登場人物が面白い。

なんともいえない女性がでてくるので、最後まで一気に読むことができ、ときおり笑ってしまうような本だった。芥川賞とかをとる作品って、こういう本なきがするなーとおもう小説を書く人だ。

・サイドカーに犬
母親がでていったところに、父親が女を連れてくる話。

・猛スピードで母は
離婚した母が突然の結婚宣言。それをみまもる息子の話。

この人の本をまた読んでみたい。