学生運動について

感想おまちしてます!

昨日、日テレで学生運動のドラマ「東大落城 安田講堂36時間の攻防戦…40年の真相」をやっていた。
この時期に、このタイミングで読売系列が流す時点で怪しいと思ってしまうが、母親より「読売ジャイアンツ大嫌い」と植え付けられてきた僕でも、いい番組のように思った。
TVの最後に、当時安田講堂の鎮圧にかかわっていた佐々淳行さんという方が
「今の若者も38℃くらいの熱を出してくれないと困る」
と言っていたのがとても印象的。
・・・
僕はすげー怒る人間なので、「今の若者は怒らない」というのには当てはまらなかったけど、怒ってる姿をみて「ちょーうける」とかいわれるこの時代は絶対に変だ。
なにかしなければならないと思うが、なにをしたらいいかわからなくなるようなドラマだった。