WebLogic10.0のweblogic.Deployerを使ったコマンドデプロイ

感想おまちしてます!

管理画面からのデプロイではなく、シェルなどを使ってコマンドでデプロイする方法。
注意点として管理コンソールでロックを取得していると失敗する。

[Deployer:139133]排他モードではない別のセッションがドメインの編集ロックを所有しています。このデプロイメント操作を行うには編集ロックへの排他的アクセスが必要であるため、続行できません。
スポンサーリンク

weblogic.Deployer

weblogic.Deployer コマンドライン リファレンス
weblogic.deployer によるアプリケーションおよびモジュールのデプロイ
実行時にはWebLogicのパスを使うので以下を実行する。

. /opt/bea/wlserver_10.0/server/bin/setWLSEnv.sh

新規デプロイ

/opt/bea/jdk150_11/bin/java weblogic.Deployer -adminurl t3://128.0.0.10:7001 -username weblogic -password weblogic -deploy -name testapp -targets mgmtServerName -source /tmp/testapp

デプロイ nostageモード

/opt/bea/jdk150_11/bin/java weblogic.Deployer -adminurl t3://128.0.0.10:7001 -username weblogic -password weblogic -deploy -name testapp -targets mgmtServerName -nostage -source /tmp/testapp

・プロダクションデプロイ

/opt/bea/jdk150_11/bin/java weblogic.Deployer -adminurl t3://128.0.0.10:7001 -username weblogic -password weblogic -redeploy -name testapp -targets mgmtServerName -source /tmp/testapp

アンデプロイ

/opt/bea/jdk150_11/bin/java weblogic.Deployer -adminurl t3://128.0.0.10:7001 -username weblogic -password weblogic -undeploy -name testapp -targets mgmtServerName -appversion v1.0

デプロイされているアプリ一覧取得

/opt/bea/jdk150_11/bin/java weblogic.Deployer -adminurl http://128.0.0.10:7001 -username weblogic -password weblogic -listapps

アプリ0件時の出力

weblogic.Deployer がオプション  -adminurl http://localhost:7001 -username weblogic -listapps を指定して呼び出されました。
リストするアプリケーションがありません。

アプリ1件時の出力

weblogic.Deployer がオプション  -adminurl http://localhost:7001 -username weblogic -listapps を指定して呼び出されました。
Test [Version=v1] 
見つかったアプリケーションの数 : 1

アプリ複数件時の出力

ステータスが廃棄のものやVersionが設定されていないものには「<ACTIVE VERSION>」がつかない。

weblogic.Deployer がオプション  -adminurl http://localhost:7001 -username weblogic -listapps を指定して呼び出されました。
TestApp [Version=v1.0] 
TestApp [Version=v1.1]
TestApp [Version=v1.2] <ACTIVE VERSION>
HaikiApp
NonVersionApp
見つかったアプリケーションの数 : 4