WebLogic10.0でJSPのプリコンパイル

感想おまちしてます!

JSPなどをプリコンパイル(事前にコンパイルしておくこと)しておけば、初回にアクセスされたときにコンパイルされ、若干の負荷になることを防ぐことができる。
JSPリファレンス – WebLogic JSP コンパイラの使い方

weblogic.xml デプロイメント記述子の 要素の precompile パラメータを true に設定すると、Web アプリケーションをデプロイまたは再デプロイしたとき、あるいは WebLogic Server を起動したときに JSP をプリコンパイルするようにコンフィグレーションできます。

方法はとても簡単で、「WEB-INF/weblogic.xml」を作成し、以下のように記述するだけ。

ただし、デプロイしてアプリをアクティブにしたときに、当然ながら、JSPでコンパイルエラーがあったら怒られる。