Struts1.3.5のActionクラス

感想おまちしてます!

ActionはHTTPリクエストの内容とそのリクエストを処理するために実行されるべきビジネスロジックとの間のアダプタクラスです。 コントローラ(ActionServlet)はリクエストに適切なActionを選択して(必要に応じて)インスタンスを生成し、performメソッドを呼び出します。

コントローラは同時に発生した複数のリクエストに対して同一のインスタンスを共有するため、Actionはスレッドセーフであるようにプログラムすべきです。 すなわち次の項目に従って設計すべきです。

(Ja-Jakarta.org Struts1.1 Actionクラスより

アダプタクラスなので、ビジネスロジックを実装しない。大抵の説明サイトではビジネスロジックをじっそうしちゃっていることが多いので注意。

また、ActionクラスはActionServletによって1インスタンスだけ作られ、使いまわされる。よってスレッドセーフに実装しなければならない。