Struts2.0.9 BasicValidation

感想おまちしてます!

Validationを実装してみる。ユーザの登録画面を作って、「ユーザ名」「パスワード」の入力チェックを作ってみる。

スポンサーリンク

validation.xml

Struts2でもvalidation.xmlを使うけど、使い方がちょっと違う。Actionごとにファイルを用意してあげるので便利になった気がする。

今回はUserRegActionというActionを使うので、validation.xmlの名前は「UserRegAction-validation.xml」という名前になる。これをUserRegAction.javaと同じ場所においてあげる。

<!DOCTYPE validators PUBLIC "-//OpenSymphony Group//XWork Validator 1.0.2//EN"
"http://www.opensymphony.com/xwork/xwork-validator-1.0.2.dtd">
<validators>
<field name="userName">
<field-validator type="requiredstring">
<message>ユーザ名は必須項目です。</message>
</field-validator>
</field>
<field name="password">
<field-validator type="requiredstring">
<message>パスワードは必須項目です。</message>
</field-validator>
<field-validator type="stringlength">
<param name="minLength">8</param>
<param name="maxLength">32</param>
<param name="trim">true</param>
<message>パスワードは${minLength}文字から${maxLength}文字です。</message>
</field-validator>
</field>
</validators>

ユーザ名、パスワードは必須で、パスワードは8文字から32文字までとしている。

UserRegAction.java

ユーザ登録を行うダミーのアクションを作成する。