ReviewBoard(リビジョン1538)の日本語化ファイルを作成してみた

感想おまちしてます!

reviewboardの日本語化について調べてみる。
reviewboard – google code
review-board.org
ReviewBoard翻訳中竏奪jangoの国際化に関するメモ by monospaceさんに手段が書いてあった。
ReviewBoardはDjangoというPythonのフレームワーク?で動いているらしく、その仕組みで簡単に国際化対応できるらしい。
とりあえず、リビジョン1538の「/conf/locale」は空っぽなので、日本語のdjango.poとdjango.moを作ってみる。

スポンサーリンク

国際化する文字列について

Django v1.0 documentation
国際化
というドキュメントを参考にした。どうも

  • _(“Welcome to my site.”)
  • ugettext(“Welcome to my site.”)
  • {% trans “This is the title.” %}
  • {% blocktrans %}This will have {{ value }} inside.{% endblocktrans %}

という書き方の場所が国際化される文字列になるらしい。

設定

まずは「/settings.py」の項目を修正。

LANGUAGE_CODE = 'ja'
USE_I18N = True
LANGUAGES = (
('ja', _('Japanese')),
('en', _('English')),
)

LOCALE_PATHSを追加。

LOCALE_PATHS = (
'/usr/local/reviewboard/reviewboard/conf/locale',
)

Cygwinでやっていたら「’C:/fujihara/cygwin/usr/local/reviewboard/reviewboard/conf/locale’,」みたいにしないとだめだった。
「ln -s conf/locale/ locale」みたいにシンボリックリンクをはっておくといいかもしれない。
「setting_local.py」は以下がポイントかも。

TIME_ZONE = 'Asia/Tokyo'
LANGUAGE_CODE = 'ja'
USE_I18N = True

メッセージファイルの作り方

ReviewBoardのインストールは「ReviewBoardをWindows Vistaにインストール」を参照のこと。
今回は以下の環境で実施。

  • Windows Vista
  • Cygwin
  • Python2.5.2
  • django 1.0

一回やってみたら「gettextがないぜー」と言われたのでインストール。
Windows で gettext を使うを参考に、gettext for Win32 – source forgeから必要なライブラリをもってきて解凍。各ライブラリのbinフォルダをまとめて、「C:\fujihara\gettext-util\bin」みたいにして、Pathを設定する。
まずは国際化対応する文字列を抜き出す。「/reviewboard/contrib/i18n」に「make-messages.py」というのがあるのでそれを実行する。今回は日本語化なので言語コードは日本に。これをreviewboardのルートディレクトリで実行する。

$ cd /usr/local/reviewboard/reviewboard
$ ./contrib/i18n/make-messages.py -l ja
processing language ja

「conf/locale/ja/LC_MESSAGES/django.po」下にメッセージファイルができる。

$ ls conf/locale/ja/LC_MESSAGES/
django.po

中身は

#: path/to/python/module.py:23
msgid "Welcome to my site."
msgstr ""

みたいに複数行にまたいだ感じになるらしい。へー。msgstrのダブルクォートに文字を入れていきUTF-8で保存。
次に作ったメッセージファイルをコンパイル。

 $ ./contrib/i18n/compile-messages.py
processing file django.po in C:\fujihara\cygwin\usr\local\reviewboard\reviewboard\conf\locale\ja\LC_MESSAGES

これで終わり。環境によってはdjango.moを使う環境でコンパイルしたほうがいいかもね。
反映には再起動が必要らしい。うーん。

翻訳したファイル

がんばってみました。パラメタを埋め込むところがうまくいかなかったりしましたが、60%ぐらいはできたんじゃないかなー。
ダウンロードはこちら
Google Codeにも置いてみた。>daipresentsのGoogle Code
これを「conf\locale\ja\LC_MESSAGES」において再起動すれば反映されるはず。うまくいかない場合は、上にも書いたけど「LOCALE_PATHS」の指定が怪しいです。

コメント

  1. DillardPHYLLIS より:

    I guess that to receive the personal loans from creditors you ought to present a great reason. However, one time I have received a secured loan, just because I was willing to buy a building.