JadClipseでデコンパイル

感想おまちしてます!

classファイルからJavaソースへと逆コンパイルしてくれる。
ソースがない場合に、classファイルを除くことができるので便利。
Jarファイルの中身を見ることも可能。

ダウンロード

2つのファイルが必要。

Jad
http://www.kpdus.com/jad.html
JadClipse
http://sourceforge.net/projects/jadclipse/

Version2.0系の方はb2.06でいいらしいが、3.0でも一様動いている。

インストール 

Jadのアーカイブを展開し、jad.exeを適当なディレクトリに配置。とりあえず同じ同じフォルダに入れておいた。
JadClipseを解凍し、jadclipseディレクトリをpluginsフォルダ下に配置するだけ。

var2.1の人は、ここのPatchesから「Patch for 701076 ( compiled jar-File for Eclipse 2.1)」を落としてきて下さい。

設定 

「ウィンドウ>設定>Java>JadClipse」の「Path to decompiler:」にjad.exeのパスを指定。

classへの関連付け 

「ウィンドウ>設定>ワークベンチ>ファイルの関連付け」から「*.class」を選択し、JadClipse Class File Viewerを選択し、デフォルトボタンを押す。これによって関連付けは完了。

使い方 

classファイルでダブルクリック!!

もしくはメソッドなどから「宣言を開く」ってしても見れる。