J2EE1.4 web.xml

感想おまちしてます!

デプロイメントディスクリプタと呼ばれるXMLファイル。Webアプリケーションの設定情報が書かれている。

スポンサーリンク

web.xml

  • taglib要素はServlet2.4からjsp-config要素より下に書く
ヘッダ
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<web-app id="WebApp_ID" version="2.4"
xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee"
xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/j2ee http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd">

context-param

コンテキストごと(WebAppごと)のパラメタ。webapp要素以下に書く。

<context-param>*
<param-name>
<param-value>
<description>*
<context-param>
<param-name>IMAGE_FOLDER</param-name>
<param-value>/WEB-INF/images</param-value>
<description>画像フォルダのパス</description>
</context-param>

使い方

ServletContext servletContext = 
getServletConfig().getServletContext();
String imagePath = servletContext.getInitParameter("IMAGE_FOLDER");

このままだと使いづらいので、タグリブとかにするといいかも。

jsp-property-group

JSPヘッダ部の暗黙的インクルード。JSP2.0でできるようになった。これを使えば「<@page?」やタグリブの宣言などをJSPごとに書かなくてすむようになる。

参考:http://edocs.beasys.co.jp/e-docs/wls/docs92/webapp/configurejsp.html

使い方

   <jsp-property-group>
<url-pattern>*.jsp</url-pattern>
<el-ignored>false</el-ignored>
<page-encoding>UTF-8</page-encoding>
<scripting-invalid>false</scripting-invalid>
<include-prelude>/Resources/jsp/JSPHeader.jsp</include-prelude>
</jsp-property-group>

JSPHeader.jspはこんな感じ

<%@ page import="????" %>
<%@ taglib uri="http://struts.apache.org/tags-bean"prefix="bean" %>
<%@ taglib uri="http://struts.apache.org/tags-html"prefix="html" %>