Eclipseでant

感想おまちしてます!

ここではEclipseを利用してantを使用する方法を述べます。
Eclipseでは、build.xmlやpropertiesファイルの作成を行い、buildすることが可能です。

* antをEclipseから実行するとOutOfMemoryが発生しました。メモリがうまく開放されていない成果もしれないので、batファイルを作ってExploreからたたいたほうがいいかもしれません。

build.xmlの作成 

sampleAntフォルダに作成してみましょう。フォルダはご自由に 作成してください。
sampleAntフォルダを右クリック>新規>ファイルを選択します。

次に、表示された新規ファイル作成ウィンドウのファイル名にbuild.xmlと 入力し、終了ボタンを押します。(先に説明したように、build.xmlという名前でなくてもOKです)

ほーら出来上がり。アリさんマークが目印です。

作成した「build.xml」ファイルにガリガリ処理を書いてください。 eclipseにはbuild.xmlビルダーがついており、とても優秀ですので、 作成が楽になること間違いなしです。

propertiesファイルの作成 

eclipseの素敵なところはpropertiesファイルも作成できるというところです。 先ほどと同じようにファイルを作成しましょう。拡張子を「properties」に してください。

注意:ファイルの新規作成で拡張子かえるだけで、すべてのファイルが 編集できます。エディターとなるプラグインが入っていれば、キーワードの強調や 自動保管などしてくれますが、入っていなければただのテキストエディタとなります。

テキストエディタとは違い、以下のような素晴らしい画面です。(ただし、build.propertiesという名前でなければ普通のテキストと同じ ように表示されてしまいます。)

GUIでわかりやすいのも魅力ですが、下にあるタブでファイルのソースを 見ることも可能です。

antをeclipseから実行する

ウィンドウ>設定>ant>ランタイムを表示してください。 その画面で、「ANT_HOMEの設定」にチェックを入れ、 antを置いた場所を指定してあげましょう。 そうすれば、ランタイム・クラスパスにjarが設定されます。

そして、その登録されたjarファイルの中から、 xercesImpl.jarを除外してください。でないと「ビルドに失敗しました。」 というエラーメッセージがでてビルドできません。

実行はbuild.xmlを右クリックして「antの実行」を選択してください。

そして実行したいtargetを指定して実行!!

コンソールに結果がでます。