Apache Maven Project

感想おまちしてます!

Apache Maven Project

スポンサーリンク

設定よりも規約

個人的にはantでも十分やれるのだけれど、Mavenのいいところは結構ある。中でも気に入っているのが「Convention over configuration(設定よりも規約)」という考え方だ。
自由にモノを作るのはスピードはあるが、人の入れ替わりなどで作った人が変わると困ったりする場合がある。Mavenでは「こういうふうにしてね」という制限を入れる代わりに、コマンド一つでJavadocやJarファイル、warファイル、デプロイまで簡単にやってくれる。まさに、制限したからえられる利益だ。
jarファイルの名前やJavadocやソースアーカイブの名前など、きめがなくてばらばらになっていたとすれば、Mavenの提示するルールに従えばいい。

ライブラリの自動ダウンロード

依存するライブラリなどを自動で取り込んでくれるのもうれしい。commonsのloggingがほしいなーと思えば、ライブラリをもってくるコマンドでほしいライブラリを簡単に取得できる。ライブラリのアップデートも簡単にできそうだ。

プロジェクトのサイト生成

プロジェクト管理でTracとかRedmineとか使ったりするが、Mavenではプロジェクトからプロジェクトサイトを作ってくれる。例えば、Strutsのサイトをみていただけると「Build by maven」とバナーがあるように、「このプロジェクトの説明サイト」を精製してくれるのだ。
多少は自分で書かないとだめな部分があるが、こういう情報サイトがJavadocとセットであるとうれしい。どの情報がどこにあるかなど規制があるぶん探しやすくなる。

MavenとMaven2

Maven1系とMaven2系がある。Strutsと似ている感じで、互換性があまりない。ただ、1系と2系がまざってもある程度動くらしい。
使いやすさで言うとMaven2がいいみたいなので、そちらを中心に勉強していきたい。