姑獲鳥の夏で京極堂デビュー

感想おまちしてます!

妖怪マニアの先輩からお借りした姑獲鳥の夏。
それにしても分厚い。。。しかし、あっという間に読んでしまうことができた。

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
京極堂という古本屋を営む友人に、ある病院で20か月を超えて妊娠している妊婦の噂をもってきた関口は、調査をすすめるうちに、病院内の異常な事実を知ってしまうが・・・。

この世には不思議なことなど何もないのだよ

オチは読み始めてすぐ気がついてしまったけどおもしろかった。巷説百物語シリーズでは、読み始めて文体に慣れるまでが大変だったけど、今回は読みやすい。が!うんちくだらけで疲れる部分もある。
昭和戦後のぐらぐらした時代の話なので、なんとも謎めいた感がたまらない。こういう時代には不思議がいっぱいあったんだろうなーと思う。
それにしても、京極さんは江戸川乱歩さんのように、人の中にある恐怖を描くのがうまい。