Googleを支える技術を読んだ

感想おまちしてます!

Googleを支える技術 窶セ巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
Googleほど衝撃的な企業はなかったなー。
「こうすりゃ便利で面白いじゃーん」という感覚で、次々にサービスを出してきて、それがまたすごくよかったりする。ネットの価値観を変えるってすごい影響力だなーと。
そんなGoogleを支える技術として、この本は発表されている論文や資料をもとに、わかりやすく説明してくれている。大規模な分散処理とか、データ処理とか、検索ロジックとか・・・。
一番びっくりなのは、2次元のRDBMSとかを3次元にしたらどうか?みたいな、天才を感じる発想には感服。
快適なサービスの裏側を知りたい人にはお勧め。ただ、僕はあんまり検索とか大規模分散とかに興味がないので、最後のほうのGoogle開発体制の紹介が面白かったなー。
とんがったエンジニア同士がどんなふうに仕事しているのかは、今の仕事に関係あるので真剣に読んだ。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

という理念を聞いた時は、鳥肌がたって怖くなったが、Googleにはインターネットの広さがよくわかっているんだろうなと実感。すごいし、怖い。でも面白い。