後輩とか先輩とか仕事とか価値観など

感想おまちしてます!

仕事が大変だ。
一緒にやっている後輩にきついことを言った。そいつは落ち着いて見えるが、結構感情の波が激しい。正直なんだろう。
後輩というだけの制限や、先輩であることである制限。その制限が邪魔でしかたない。それがなければもっと楽なのだろうが、何かとそういうのがついてくるのがとてもめんどくさい。
僕が後輩に言いたかったのは、がんばりを見ていて痛々しいことだった。僕とはベクトルが反対なんだろう。だからこそ言えたのかもしれない。
がんばっても意味がないこともある。そもそも意味なんてないのかもしれない。ただ、今回に限らず、共に働く仲間にいいたいのは、僕らの仕事はみんなでやっているってことだ。一人のがんばりでなんとかなるほどの才能を持っているのであればいいのだが、お互いまだまだこれからじゃない。
もうちょっと力を抜いて、周りを見てみれば、自分の姿がもっと見える。そうすれば、自分がチーム内でどうあるべきか?きっと見えてくると思うのだ。
こんなこと言っておきながら、今回の仕事に対して、僕はそれほどやる気があるわけでもない。多分、興味対象ではない。まーそれでもなんとかするぐらいの性能は持っている。
最悪と言ってるときほど最悪でないように、なんとかならなそうなものほど、なんとかなるのだ。だってなんとかならなかったことなんてあんまりないじゃない。
なんとかなったから、今があるんだよきっと。