2人以上で作業するときのポイント

感想おまちしてます!

効率が悪いので、目の上がプルプル震えている。ぷるぷるー。
一緒に誰かと作業するときに、藤原が気をつけているものは以下の通り。これは、大手ITベンダーの仕事で学んだ、多人数と働くときのこつみたいなもの。
参考:ミーティングで使えるちょっとした話法いろいろ by IDEA*IDEAさん
【Case】仲間が悩んでいるようだったら
・「どうするの?」と聞く
・能書きをたれてきたら「どれくらい時間かかる?」と聞く
・ついでに「みんな待たせてるから決めないと」と言う
自分が考えている時間が、他人の時間に影響することを教えなければならない。
だまって「うーん」とかされても次のアクションにつながらないので、メリハリをつけるためにも回答を促す。


【Case】何やっているかわからない人がいたら
・まずは自分が掛け声をかける
・「次、これやります・・・終わりました」という風に、うるさいぐらいはっきり聞こえる声で言う。
・そしてそれを相手にやらせる。
・声が小さい人に向けてはやさしく「聞こえないのでもう少し大きな声で」という
これで、なんかよくわからんけど待ってる状態をなくす。
何で待ってるか?何が原因なのか?いつ解決するのか?をはっきり宣言してもらう。
そうしないと、待たせている1人を除いて全員のストレスがたまる。正確に状況を伝えることが大切。
【Case】意見がまとまらない場合
・正確な言葉を使う
・相手が間違っている場合は「なるほど、でもそうしたらこうなって困りますね」という
正確な言葉を使うことで、相手にやっていることを理解させる。
それが相手の中で情報の整理につながる。
ついでに、自分と相手の認識がそろう。
間違いは自分では認めにくいもの。ならば、「それやったら失敗するけどそれやりますね」という感じで相手に伝える。失敗したら「うまくいくって言ってましたが失敗しましたがどうします?」という。あくまで話のわかるいいひとぽく、相手のせいになるように振舞う。
【Case】準備をしてこなかった人がいたら
・「準備ができるまで別のことしますね」と別の場所に行く
・人がいなくなると人間不安になる
・時間になって帰ってきたまだかかる場合は、「今日はやめときますか?」という
迷惑をかける原因となっていることを認識させる。
【Case】終わり見えない状況になったら
・おうちに帰る
*
なまいきなことばっかりかもしれないが、結局この業界はマニアックな人が結構いる。そういう人は困難を楽しんでいる。1人でおうちでやってくれればいいけど、集団でも空気が読めないやつはいる。
そういう人は研究職にいけばいいんじゃないかなとおもうので、ちょっと厳しめに対応する。
僕らは、時間を大切にしないといけないエンジニアなのだから。