お見舞いに行く場合の注意点

感想おまちしてます!

後輩が体の調子を崩しているので、お見舞いに行くことにした。
相手は箱入り乙女なので、さてどうしようと考えたが、逃げ惑うもう一人の乙女後輩をチョコでおびき出し捕獲に成功(本当は快くOKしてくれた)。バタバタ暴れるところに縄をつけて(ウソ)連れて行くことにした。
とりあえず、コンビニでゼリーやスポーツドリンクを買占め、さてはいざ向かわん!
後輩「家どこかしってるんですかー?」
藤原「マンションはわかるけど部屋は知らない」
まーマンションのポスト見たらわかるってーと言ってはみたものの、都会に住む女性がポストに名前なんて貼り付けるわけもないわけで、電話して部屋番号を聞いて、オートロックをたたく。そして、目指す階に到着。そして、たしかここだなーとピンポンを鳴らすが出てこない。
おかしい。
ドアののぞき穴からのぞいたり、扉の隙間に「こんばんわー」とか言ってみてもでない。藤原も後輩も動揺したが、そこで乙女後輩が一言、
「部屋あってるんですかー?」
とりあえず、電話してみると、
隣の部屋と言うことが判明。
乙女後輩に指を指されながら笑われ、藤原は隣の部屋のチャイムを泣きながら鳴らした。
注意点:部屋を間違わないこと。以上。