ハッピーバースデイ

感想おまちしてます!

今日で私は29歳になった。おめでとう自分。

そんな29歳が考えることは昔と変わらない。GW中にご飯を食べに行ったりしたんだけど、いつも思うのは、その店にいる人たちの顔。ふと眺めながら考えてしまう。

「みんな生きてて楽しいのかな?」

会話もなく、ありきたりの時間を過ごしているような夫婦。子供だけに色がついている気がする。日常を楽しげに話す若いグループ。声が続かないと息が止まってしまうのかと錯覚を感じるぐらい忙しい。

そして自分。

世の中が止まってそこに自分が取り残されたような感覚があって、それに当てはまる言葉があるのであれば「寂しい」という言葉なのかもしれない。それでもどちらも止まっているわけでなく、それを言葉に表すのであれば「虚しい」がぴったりだ。

それでも、心臓は勝手に動いてくれて、お酒を飲んだりすると自分でドキドキを感じることができたりする。それを言葉に表すなら「存在」。それを証明したいのだけれどうまくいかない。寂しい。

いつまでたっても同じで、なぜかそれがつまらなくはならない。このきゅーっという感覚は冬に味わいたいところなのだが、季節は初夏。5月。私の大好きな季節。

夏の匂いがやってくる。

その可能性は100%で、私がそれに夢中になる可能性も100%だ。

風景よ止まれ。動け心臓。

躍動するくらいのテンションならそれも笑える。

とりあえずおめでとう。

おめでとう。

おめでとう。

おめでとう。

おめでとう。

おめでとう。

みんなおめでとう。

生きていてよかった。