映画「それでもボクはやってない」

感想おまちしてます!

現在の刑事訴訟を明らかにさせた映画。
刑事事件。裁判の99.9%は有罪という前提。考えただけで恐ろしいことだと思う。この映画では痴漢に間違えられた青年が主人公だが、いざ自分の身にふりかかったとすると・・・と考えただけでぞっとする。
理不尽な言葉の暴力。圧倒的な国家権力。検察の前では、容疑がかかっただけで「お前」扱いになる。
受け入れられないことが現実に存在する。こうなると女子中学生、女子高生は最強なのではないだろうか。だって、電車で適当な男見つけて、手をつかんで「痴漢です」というだけで、その人はほぼ「有罪」。
ありえない。
映画を見ながら「自分ならどうするか?」とか「どうすれば助かるのか?」考えてしまった。最終的な結論は、「痴漢です」と言われたら、
誰が貴様なんぞ触るかボケー!
と逆ギレするしかないという結論になった。
結局、裁判と言うものを前提に考えると、この映画が語りかけるように、「真実は被疑者しかしらない」のだろう。
どうすれば解決するのか?考えるだけで頭が痛い。