人の話を聞きましょう

感想おまちしてます!

通信簿によく書かれた気がする。

根がせっかちなので、自分より遅いペースで話されるとイライラするからだ。でも、その辺は藤原も大人になったもので、ここ最近では全然平気になってきた。

ただ、人の話を聞かないのは変わらない。確か、人間の集中力は1日7時間らしいので、それ以外はがんばれないと聞いた。なので、それを考えるとずっとがんばるのはダメー。

というわけで、人の話もあんまり聞かないほうがいいのかなと思っている。ポイントポイントを聞いていれたいてい話の流れはわかるし、重要なとこだけピンポイントで聞いておけば、結構万事うまくいく。

でも、そうもいかないこともあることがわかった。

藤原は現在仕事の関係であるミーティングに参加しているのだけれども、事前情報が少ないので、その収集やトレーニングをするためという理由があった。しかーし、まったく違った内容になっているのだ。

なんと全て英語。(ドキュメントも)

英会話教室でバイトをしていたので、外国の方には全然抵抗はないんだけど、藤原が理解できるのはReadingとHearingで、WritingとSpeakingはまだまだ発展途上なのだ。しかも、バイトから数年経っているので、聞き取りがうまくできない部分がある。

とりあえず、何の話をしているのか想像しながら、すごい真剣に話を聞いている。でも、藤原は日常英会話ぐらいの経験がないので、ビジネスの会話となると大変かなーと思ってた。でもでも、IT関連の仕事って英語をそのまま日本語みたいに使うことが多いので、結構わかったりする。新しいコンピュータ言語を覚える感覚で楽しめる。

ただ、すごい疲れるのだ。

だって、ずっと真剣に話を聞くことなんてこれまで経験したことがない。どちらかというと人の話なんて、興味がないと聞きたくもないものだろう。1日8時間。それが1週間続くとなると、とても先が思いやられる。毎日19時ぐらいに帰ってきて、すぐにばたんと寝てしまうのですよこれが。

でも、これを機会に英会話の勉強をしようと思った。お金がないのでスクールに通うことはまだ先になりそうなんだけど、生きるのに必要な言葉は大体400ぐらいらしいので(フランス外国人部隊ではまず400ぐらいのフランス語を覚えることからはじまるのだそうなので)ひさびさに英単語帳でも買ってこようかなと思っている。

英語は抵抗さえ省けば、楽しいものなのだよね。6年習って使えない日本人のほうがおかしいのだから。