続巷説百物語 – 京極夏彦

感想おまちしてます!

続巷説百物語
「後巷説百物語」を読み終えてからすぐに「続巷説百物語」を読み始めた。3部ある「巷説百物語」を1番目>3番目>2番目と読んだが、物語が本ごとに前後することもあって、最後までドキドキワクワクしながら読むことができたのがうれしい。
個人的に、全体を通してのストーリーが強い「続巷説百物語」が一番面白かったように思える。しかし、一つ一つの物語が驚きだった「巷説百物語」や、物語のグランドフィナーレを飾る「後巷説百物語」も、それぞれの味が良く出ていてたまらない。寂しいのは、この物語が終わったことだ。読み終えて興奮した後に訪れた「おしまい」という事実がとても寂しい。
「続巷説百物語」は「死神」という物語を中心に前後の物語が盛り上げているように思える。なにしろ今回の仕掛けはとてもでかい。そして、それにかかわる人間模様も広く深いのだ。前に述べたように先に「後巷説百物語」を読んだのだけど、「続巷説百物語」のラストを読んで、「後巷説百物語」のラストに深みを増した気がする。
人が作り出した妖怪たち。妖怪になる人間もいれば、なりきれない人間もいる。