映画「ブラック・ダリア」

感想おまちしてます!

そうだ、京都に行こう。
と思ってもう3日間昼過ぎまで寝ている。というわけで、「LAコンフィデンシャル」以来のどろどろサスペンスを見に行くことにした。
体を腰から切断され、口を咲かれて死んでいた女優志望の女。いつも黒いドレスを着ていたため「ブラック・ダリア」と呼ばれ、ハリウッド一有名な死体となる。いまだ未解決のこの事件。ブラックダリアに魅せられた人々による、嘘と嘘の物語。
人間は恐ろしい。仲間を食べる種もたまにはあるけど、内臓を抜いて洗うなんてことができるのは人間ぐらいだ。LAコンフィデンシャルは人間の上層部だったきがするが、これは本当に下層部の内容だった。
それにしても、映像の切り口は良かったと思う。いい俳優、女優が集まったのもよかったのかも。
そうだ、明日こそ京都に行こう。