平成18年上半期直木賞と芥川賞

感想おまちしてます!

風に舞いあがるビニールシート 八月の路上に捨てる
はじめて最新の直木賞作品、芥川賞作品を読んだんだけど、どちらもなかなか読み応えのある内容だった。最近では「本屋大賞」の本のほうが面白い気もするが、なんといわれようが2代文芸賞とでもいうのであろうか、この賞を受賞した本もいいもんだ。
>風に舞いあがるビニールシート – 森絵都
この人の文章は、必ずオチがあるような気が。とても珍しい感じの作品だ。頭の「器を探して」を読んで、なかなか面白いなと思ったんだけど、最期に行くにつれてオチが大きくなっていく気が気が。
>八月の路上に捨てる – 伊藤たかみ
とても日常に近い感じがしてよかった。人と人の間にある何かをうまく捨てられた気がする。
2つの作品を読んで、「風に舞いあがるビニールシートを八月の路上に捨てる」気がした。