映画「太陽」

感想おまちしてます!

「天皇はタブーである」
というのが子供の頃に思った印象だ。そして僕はずっと思っていた。なんでこの人のためにたくさんの人が死んだのに、こうやって車に乗って手を振っているんだろうと。
*
ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督が描いた映画「太陽」。この映画は日本人には決して作ることができない映画だったと思う。しかし、天皇と言うとてもデリケートな主題をこの監督が描いたのは、映画としてとてもよかった。
ソクーロフ監督の描く映像はとても美しく、川の流れのように広大で優雅だった。村上春樹さんの言い方をすれば「春のドナウ川」みたいに。それでいて、物語としての流れも滑らかである。1カットが長く、会話も単調なのにしみこむように物語が伝わってくる。こういう映画に出会えたことは本当にうれしいことだ。
天皇ヒロヒト。昭和天皇の名前なんてまったく知らなかった。それに今の天皇の名前すらよく知らない。それほどに象徴として感じていた。時代によって、人によって異なる捕らえ方をされる日本の象徴。戦後、喜劇の主役のように扱われる天皇はとても痛々しい。そう本当に痛々しい「人間」なのだ。
現人神(あらひとかみ)として存在した天皇ヒロヒト。「ヒトラー最期の12日間」でも感じたんだけど、あらためて「人間である」と言われるととても戸惑う。わかってはいても、おんなじ気持ちだった。
マッカーサーとの対談などは、「人=神」ということを理解できないマッカーサーが実に絶妙で、イッセー尾形さんの演技が実に美しくて泣きそうになった。昔、なにかの番組でイッセーさんの一人芝居をみて感動したけど、この人は本当の役者だと思った。
日本では公開できないと騒がれた映画「太陽」。おすすめはできないが、息をのんで2時間映像にくぎづけとなり、見た後に自分の無知を知ることができ、たくさんのことを考えることができた映画だった。
*
前にTVで「国のために戦いますか?」というアンケートをやっていた。半分ちょいの人が「No」と答え「Yes」と答えた人は残り。今の時代でも結構「戦おう」とする人が結構いるんだなーと思った。「No」と答えたほとんどの人は「家族や友人のためなら?」というのだけれど。
僕はその時おもったんだけど、家族や友人のためなんて当然のことだと思う。そうでなくちゃ、それは家族でもなく、友人でもないと思う。僕は国のために戦うことができる。これは最近になって考えるようになったんだけどね。
まずは、友人に子供が生まれて、こういった子供のためにも日本を守っておきたいと思っている。そして僕の日本とは。
世界遺産でもある「白川郷」や、今年行った沖縄。僕が育った箕面。大阪。日本にはすばらしい場所がある。日本という美しい国とそこに住む人たち。個を重んじるのは理解できるが、個にしばられると誰も幸せになどできないと思う。
だから僕は日本を守りたいと言うことができる。
*

天皇ヒロヒト。彼は、悲劇に傷ついた、ひとりの人間。彼は、あらゆる屈辱を引き受け、苦々しい治療薬をすべてのみこむことを選んだのだ。 by アレクサンドル・ソクーロフ

*
天皇の人間宣言
太陽 オフィシャルサイト