デスノートについて

感想おまちしてます!

Death note (11)
仕事先の人に「デスノート」について熱く語られた。どうやらすごく面白いらしい。
僕はマンガ漫画を買ってしまうと最期まで絶対に読まないと気がすまないので、20を過ぎてからはマンガを買わなくなった。それまでは、高校生でバイト生活をしていたこともあり、マンガをくさるほど買うことができ、ほとんどのマンガを読んだ気がする。
そして、ごくまれーにマンガ喫茶にいってそれらを読むことがある。せっかくデスノートを教えてもらったので、近々1年ぶり以上ぶりにマンガ喫茶でマンガでも読むか。ベルセルクもどこまでいったのか気になるしねー。
デスノートについては、断片的に聞いたのだが、どうやら名前を書いたらその人が死ぬらしい。
こわーい。
それを聞いていらい、デスノートについていろんな想像をめぐらしてしまった。しばらくして、その人に改めて自分の考えた結果を伝えてみた。
藤原「あのーデスノートについていろいろ考えたんですけど?」
男性「おーどうしたんです?」
藤原「対象がたくさんいる場合、小さい字で書いたほうがいいですよねー」
男性「それ意味ないっすよ。」



ええーー!!!Σ( ̄□ ̄!!)
どうやら字数に制限はないノートらしい。なんかとてもがっかりした。(一生懸命考えてみたので)