後記 ぼくのお父さん

感想おまちしてます!

歳をとることは悪いことではない。
あと2年で30になる僕だけど、やっぱりいまぐらい(24?28)の年齢でいたいと思ってしまう。最終手段としてドラゴンボールを探そうかと思っているぐらいだ。
しかし、絶対に歳をとる。なにがあってもだ。
そう思うと一年一年歳をとるということが、とても大切なことのように思う。
今日、もうすぐ夏至だという話になった。一年で一番昼間が長い夏至。「私、夏至大好きだよ!」という先輩がこんなことをいった。
「夏至を過ぎるとどんどん昼間が短くなっていくのって寂しいよね」
これは歳をとるということに似ている気がする。僕らの時間はどんどん短くなっているのだ。だから・・・といえば変な話なんだけど、大切な人には自分の思いを伝えておいたほうがいいと思う。これはおせっかいかもしれないけれど、本当に言っておいたほうがいい。
そういうこともあって僕は父親への手紙を書いた。
面とむかって話すことは難しいかもしれないけれど、どんな手段であれ自分の気持ちを伝えることは、とても大切なことだと思う。
たまには電話でもしてみたらどう?なーんてね。