一生後悔するぞ

感想おまちしてます!

「痴漢」事件で無罪/上司が説得、公判で争う by 四国新聞社
痴漢でつかまった男性は早く釈放されたいと考え容疑を認めるが、

無実を信じた会社の上司が罰金を納める窓口の前で待ち構え「一生後悔するぞ」と説得。

裁判で争うことになった。そして無罪の判決。これをそのまま信じれば、男性は一回失敗してしまった。あきらめてしまったのだ。しかし、男性はラッキーだった。自分を信じてくれる人がいたのだ。
僕は「耳をすませば」が大好きで大好きで、今日ジムで見かけて急いで帰ってきた。雫ちゃんがお父さんと話し合い、後悔しないように本を一生懸命書くのだが、その後、机からずれ落ちてある本を眺めるシーンがある。本には牢屋でバイオリンを作る少年の挿絵があるのだが、それを雫ちゃんは見てぐっと唇をかむのだが、「耳をすませば」でここが一番好き。
17歳の僕はこのシーンを見ていろんなことを考えた。
たしか、同じ頃に僕ははじめて女性に告白したと思う。僕にだっていろいろあるのだ。
耳をすませば
*
一生後悔する。と思うときがある。僕はそう思って何とかしようとしたこともあり、何もしなかったこともある。おかげで今もちゃんと後悔している。ハンカチをアイロンできれいにしてたたんだぐらい「きちんと」後悔している。
だから、もうしない。絶対にしない。