映画「シリアナ」

感想おまちしてます!

Syriana
遅いかもしれないが最近になって確信したこと。
・世界は平等ではない
・正義は存在するがとても弱い
・正論は世界に必要ではない
映画「シリアナ」は中東の石油利権に関する映画だ。トラフィックの脚本家であるスティーブン・ギャガン監督作品だが、今回も彼が脚本を書いている。トラフィックではアメリカの麻薬問題がテーマであり、現実に警告を発する映画だったが、いまいちこれが伝わってこないのは海の向こうの問題と言えるからだろう。
シリアナもトラフィック同様、問題作と言える映画だ。元CIA調査員の暴露本が元になっているが、内容が生々しい。僕はいろんな映画を見て中東に関する歴史などをたどったことがあるので、トラフィックよりシリアナのほうが問題を捉えることができた気がする。
現実世界では陰謀が世界を支えていると思っていいだろう。世の中には、現世を操作する人間が少数だがきっといる。そして一般人は彼らの手の中で踊り、死んでいくだけだ。そう、彼らから価値を見出されることもなく。
情報というのはもっとも危険な武器になる。
シリアナはいくつかの人物の視点によって話が進む映画だが(このあたりはトラフィックに似ている)その中でもアラブで働くパキスタン人の青年のシーンがもっとも怖かった。彼はやがて自爆テロを実行しようとするのだが、その過程の映像は衝撃的な内容だった。
彼を自爆テロへとかりたてる描写にはなぜか嫌悪感を覚える。この嫌悪感はどこかで感じたことのある感情だった。恐らく、映画を見た方も同じような印象を持ったかもしれない。つまり、これと同じような現実が日本にも存在すると言うことだ。手段は違えど、悲しい現実は世界のあちこちであるのかもしれない。
しかし、それに立ち向かえる正義が無力でしかないことを、この映画シリアナはまざまざと伝えることになる。
シリアナ オフィシャルサイト