めばちこーん

感想おまちしてます!

「めばちこ」って「バチコーン」っていう意味から来ているのかな?

と先輩に言われた。思わず「効果音が由来なんですか!?」となった。
*
週末にめばちこができた。前々から痛いなーと思ってたらついに腫れてきたのだ。ひどくなる前に・・・とおもって久しぶりに眼科にいったんだけど、その眼科の待合室にはでっかいテレビがあって、延々と森林浴の映像がながれていた。さすが眼科だな!と思ってしばらく見ていると、知らぬ間に爆睡してしまった。恐るべしマイナスイオン。
「めばちこ」というのは関西の言葉でこっちで言っても通じない。こっちでは「ものもらい」というのだけど、僕の実家ではどっちの言葉も使っていた。でも、「めばちこ!」という音節が、一番初めに書いたみたいに「ばちこーん」という感じなので好きなのだ。
眼科の先生は僕の話を聞いてくれなかった。
先生「どうしました?」
藤原「はい、週末に痛いなーとおもってたところが・・」
先生「見せてください」
多分、A型でせっかちな人なんだろうと思う。最後まで話を聞いてくれないのはさびしいが、めばちこについて熱く語ってくれたので、いい先生なのだろう。
先生「あーものもらいになりかけてますね」
藤原「やっぱりめばちこですか・・・」
先生「でも悪性のものもらいじゃないのでうつったりしませんよ」
藤原「そうですか。たいしたことないめばちこでよかったです」
両者一歩もゆずらず。
薬局で目薬をもらうときに、アンケート用紙に「病名:めばちこ」と書いた。すると、薬剤師のおねえさんが、「出身は関西なんですか?私も昔は『めばちこ』っていってたんですよ」といっていた。
これからも「めばちこ」を大切にしたいと思う。