指輪物語

感想おまちしてます!

昨日の日記のつづきの話になる。
さち(仮名)はおーの(仮名)からめでたく指輪を受け取ることができたのだが、この2人からきいたのろけ話にはとても面白い点があった。人それぞれ考えることが同じだったり、違ったりするんだなと改めて思う。
おーのが購入した指輪は11号・・・というのは先日書いたのだけど、藤原としては「さちの指に入るのだろうか?」という疑問が消えなかった。でも、「大きすぎる」ものはどうしようもないけど、「少し小さい」ぐらいなら、ダイエットするいい目標になるかなーと思ってたのだ。
で、実際に指輪をおーのが受け渡すシーンを迎える。おーのはスーパーの袋?にプレゼントの紙袋を入れてきたらしく、かすかにすけていたため、さちは「それが指輪なのか!?」と内心ドキドキだったらしい。おーのちゃん・・・せめて透けない紙袋に入れようぜ。でも、これもおーののいい所だと思う。
で僕が2人から聞いた情報はというと
おーの > 指輪よろこんでたよー。なんとか入ったし。
さち > 指輪めっちゃうれしー。なんとか入ったよ。
やれやれ、この2人は見ていてあきないものだ。
ちなみに、さちいわく「ちょっとボンレスハムになってるけどね!」
こういうのがさちのいいところでもある。

コメント

  1. さち より:

    だいちゃん!!こんな恥ずかしいこと書いちゃあいけませんよ!!笑
    まぁいいけどさ?笑い話にされてるぅ?
    とにかく今はめっちゃ幸せだしぃ?
    昨日4日振りにおーのくんからメールきたねん(*/▽く*)キャッ
    嬉しかったヾ(●⌒∇⌒●)ノ
    ちゃんちゃん♪

  2. だい@幸せ撲滅運動中 より:

    そのめでたい性格を見ているとあきません。これからもおもしろおかしい二人を観察しマース。