正直者と怠け者

感想おまちしてます!

残業しているとき。出会ったほとんどの人がこう言う。
「がんばって稼ぐか?」
僕にはこれが理解できない。効率上げて勤務時間内に終わらせ、仕事後の時間を大切にしたくはないか?残業代で稼ぐのではなく、自分の実力によって時間単価を上げればいいんじゃない?なーんて考えてしまうからだ。時間で稼ぐならバイトしたほうが実直だろう。
昨日、自分の上司とこんな話しをした。
・A君は効率よく働くことを考えて、1年間残業なしで働きました。
・B君は効率を考えることができないため、毎日1時間残業しなければなりません。
さて、どちらのほうが賢者でしょう?どちらのほうが稼げるでしょう?
僕の結論としては「A君が賢者だけど、B君のほうが稼げる」だ。上司も同じ意見だった。
単純計算でいくと、B君のほうが年50万以上もうかる。そして、A君の頑張りが評価されたとしても、その報酬はたいした額ではない。
まぁ、会社にもよるのだろうが、日本の企業体質なのかな?日本の会社だとそういうパターンが多いと思う。「正直者はバカを見る」という言葉に納得してしまう。こう考えると真面目に働くのってバカみたいだ。
だとすれば、この矛盾に対しての支えとなるのは、プライドとか信念のような自分の中にある形のないものしかない。仕事って極論だけど金儲けするためにやるんじゃなかったっけな?と迷ってしまう。でも、正直になれないバカより、バカを見る正直者のほうがかっこいいと思う。
僕が思うに、社会人全員が正直者になることは、限りなく可能性ゼロといえるほど難しいことだと思う。世の中にはいろいろな人がいるからだ。悪いことをしているのに幸せに暮らす人や、いいことばかりしているのに幸せになれない人も多分いる。悪と呼ばれるものが多数決によって正義となる場合もありえる。正義が認められない場合もありえる。
そんなものだ。
有能か無能かで厳しく判断する世の中だと、困る人がたくさんいてしまい、うまく回らなくなるのだろう。みーんないい人だと大変なことになるわけだから、しかたないとあきらめなければならない部分もある。だとすれば、ここに僕が書くようなことなどなど、気がつかずに生きていけるほうがよっぽど幸せだと思う。余計なことなんて考えずにやっていくほうが楽だ。
なるほど、何も考えずに生きていけるほうが幸せなわけだ。
じゃぁ、何が不幸なんだろう?
これはすぐにわかった。
それは、何も考えられないことだと思う。