ふざけた性格

感想おまちしてます!

増穂浦海水浴場にてあー働きたくない。海に行きたい。皮がめくれる?。
*
僕はふざけた人間だ。
発言の70%は適当だし、90%は冗談なのだ。多分これは親父の性格に似たせいだろう。親父はまじめに質問してもふざけた答え方をしてくる。それでも真面目に話すと、あきらめずに冗談を言う。よってだんだんイライラしてくるのだ。
これは遺伝したみたいで、ふざけた性格の僕もそう思われるときがある(多分)。気をつけないといけない。でも、真面目に生きていくのはしんどい。狙ったときだけ真面目にやれば十分だと思う。そういう性格でもいいと思う。
ある時、友達と話しているときに適当にこう答えたことがある。
大「あー、そしたらしずかちゃんと結婚するわ」
友「そうか、そしたら離婚確定やな」
大「何!!俺はしずかちゃんを幸せにするのだ!!」
友「無理無理」
大「なぜじゃ?」
友「そしたらのび太が困るやん」
あ、そっか!これには本当に納得した。
多分、ふざけた僕には、ふざけた友達がよく合うのだろう。

面白きこともなき世を面白く – 高杉晋作

人生冗談半分。
やるときにやれればいいのだ。