4級小型船舶操縦士がなくなった??

感想おまちしてます!

実は4級小型船舶操縦士の免許を持っている。たしか5トン未満の船舶や水上オートバイに乗れる免許だ。この免許をなぜとったかというと
「どなたか!ボート免許をお持ちの方はいらっしゃいますか??」
という緊急時に
「持っていますけどなにか?」
といってみたいからだ!!
というのはうそで、今みたいにバス釣りがはやる前にバス釣りをしていて、そんときに取得したのだ。はやりだしてから、マナーの悪い人が増えたので、ぜんぜん釣りに行くこともなく、一回もボートにのっていないけど。
今年の夏でこの4級小型船舶操縦士免許が切れてしまうので、更新手続きを行わないといけなくなった。調べてみると、(財)日本海洋レジャー安全・振興協会で講習の予約ができるらしい。特定事業本部が銀座にあり、勤務先から近いので行ってみることにした。この特定事業本部さんは、とても見つけにくい場所にあった。看板が1つおいてあるだけだったので、一回は素通りしてしまうほどだ。
事務所に行ってみると、小さな事務所は普通の会社みたいだった。「すいませーん、更新手続きしたいんですけど?」と声をかけると、「更新の人来てるよ」と誰かを呼ぶ声が聞こえ、うっとおしそうに歩いてくる年増のおねえさんが出現。おねえさんの説明を聞いて、途中、間が空いたので「一番近い運輸局はどこですか?」と聞くと、「これから説明します」とキレぎみに一蹴。こわいよ・・・。朝から超ブルーだ。

財団法人とは?
財団(一定の目的のために結合された財産の集合)のうち、公益を目的とし、法律に基づき法人格を与えられたもの。 (参考:はてな

官僚天国 日本を切るを見てみると、財団法人はお役人の天下り先で有名だそうな。なるほど。それなら仕方ない。サービス業と期待してはいけないのだな。
運輸局もお役所さんなので、土日はあいておらず、郵送で免許更新申請となりそうだ。おねえさんから頂いた用紙を見てみると、「返信用封筒」が必要とある。勤務先に行く途中にある郵便局で「返信用封筒ください」と言うと、郵便局のおにいさんに「郵便局で封筒は売ってないんですよ」と言われた。
まじで???
27年間知らなかった。普通、置いてると思うよな。封筒なんて郵便局が一番使うとこじゃない。しぶしぶ文房具屋に行ってみると「返信用封筒なんてないよ。普通の封筒を封筒にいれりゃいいんだよ」と江戸っ子っぽい築地の店主に教えてもらった。
返信用封筒なんてややこしい書き方すんなよ・・・。
なんともいえない一日だった。
*
国土交通省 小型船舶の免許制度を見てみると、「4級小型船舶操縦士」というのがなくなったらしい。新制度では「2級小型船舶操縦士(沿岸免許) + 特殊小型船舶操縦士」になるみたい。よかった。格下げになって、水上オートバイにしか乗れなくなったらどうしようかと思った。