【目指せ!ブロンズセイント】Oracle Master受験日記(Bronze編)

感想おまちしてます!

聖闘士星矢 聖域十二宮編俺のコスモよー!!!ぐおぉぉー! in 東銀座
【取得のきっかけ】
仕事でOracleをよく使うが、周りを見ても、DBにJavaなどからアクセスする方法はわかっていても、DBサーバのインストール、構成、管理などや、便利なツールの使い方を理解していない人が結構いる。
漠然としたものを使うのは、気持ち悪い。それに、去年仕事でOracleインストールをしたときに、極限まで追い詰められ、気合だけでなんとか成功させた。せっかくそのとき覚えたのだから、その「総確認」として勉強しておきたかった。
そして、最大の理由は「ブロンズ」という名前だ。
聖闘士聖矢と同じセイントになれる!
すげー。かっこよすぎる。


【Oracle Masterとは】
日本オラクル Oracle Certification には、Oracle Masterという資格を取ることが、いかにハッピーなのかが書いてある。Oracle Masterとは?というページもあるので、見ておくといいかも。
Oracle Masterとは、日本オラクルが売っているDB製品の知識を試される資格だ。いわゆるベンダー試験というやつで、開発元が勝手に認定している資格だ。Oracleは代表的なDB製品で、幅広く普及しているから、こういう試験があるわけだな。
Oralceのような製品をよく使うのであれば、Oracle Masterのようなベンダー試験は、とても役に立つことが多く、情報処理技術者試験は、「エンジニアのことはじめ」みたいな大雑把な試験なので、仕事で役立つことがあんまりない。
昔、学生の頃に興味を持って勉強したCCNAやMCPの知識は、かなり役に立っている。これらもベンダー試験だ。
Oracle Masterは、Silverからグローバル資格体系(Oracle Certification Program)を持っているので、世界共通の資格だ。資格は製品別に試験が設定されているため、永久期限となる。新しい製品が出たときは、資格アップグレード試験を受ければいい。
【種類について】
Oracleのサイトをみると、
・データベース運用/管理
・アプリケーション開発
・アプリケーション・サーバー運用/管理
の3つのパスがあり、それぞれの中で、レベルが設定されている。
僕が目指すのは「データベース運用/管理」認定パスである「ORACLE MASTER Oracle Database 10g」という試験。
データベース管理の仕事じゃないけど、使う上で必要なインストールとか、管理を学ぶのは、開発を学ぶより先のほうがいい気がする。Bronzeで必要なもう一科目「SQL基礎I」もあるが、先にインストールとか知っていたほうが入りやすそうだし。のちに「アプリケーション開発」認定パスにもいってみたいもんだ。
「10g」というのはOracleの製品バージョンだ。2005年6月現在、一般的に使われているのは「9i」のほうだろう。しかし、10gと9iで大きく変わったわけでもないみたいなので、一番新しいバージョンの試験を受けけることにした。
この認定パスには、以下のレベルがある。
・Bronze
・Silver
・Gold
・Platinum
参考:資格認定の種類
レベルは下に行くほど難易度が高いとなっている。金よりプラチナのほうが上なのか!というのは疑問だが、それ以外は聖闘士聖矢っぽい。とっても素敵だ。最終目標は、ゴールドセイントだな。
認定パスを選び、その中で、一番下のレベルから勉強するのが一般的らしい。
<Bronze(2試験)>
・Bronze DBA10g (テスト番号1Z0-041J)
・Bronze SQL基礎 I (テスト番号1Z0-017J)
<Silver(1試験)>
・Silver DBA 10g (テスト番号 1Z0-042J)
<Gold(1試験)>
・Gold DBA 10g(テスト番号 1Z0-043J)
<Platinum(2005年6月時点では未定)>
SilverになるためにはBronzeの2試験と、Silverの1試験の3試験が必要で、Goldになるためには、Bronzeの2試験と、Silverの1試験と、Goldの1試験の4試験が必要になる。このように、積み上げてレベルが上がる仕組みになっているので、Goldを目指せば、勝手にSilverにもなっているわけだ。試験は好きな順番に受けることができる。
【受験要項】
Bronze試験の問題数は途中で変更になったらしい。
参考:試験時間と出題数変更のお知らせ
・Bronze DBA10g
試験番号:1Z0-041J
試験時間:60分
出題数:41問
合格ライン:28問
・Bronze SQL 基礎 I
試験番号:1Z0-017J
試験時間:90分
出題数:40問
合格ライン:28問
受験料は15750円(税込)
相変わらずベンダーは高いな?。
【勉強方法】
会社はお金をビタ一文出してくれないので、独学。
CCNAやMCPのときと同じように、合格者の受験記を参考にした。オススメ参考書とかもわかるので、資格試験の場合は、いつもこうしている。
ORACLEフリークの受験記を参考にすると、
オラクルマスター教科書 Bronze Oracle Database 10g(DBA10g)編(通称黒本)
徹底攻略ORACLE MASTER Bronze DBA 10g問題集
がいいらしい。
また、Oracle Technology Network (OTN) JapanのPDFも確認に使えるらしく、中でも「Oracle Database 2日でデータベース管理者」はオススメだという。OTNは無料らしいので、早速登録だ。
オラクルマスター教科書 Oracle Master Bronze Oracle Database 10g(DBA10g)編 徹底攻略ORACLE MASTER Bronze DBA 10g問題集
現在、黒本を読んでいるが、10章のうち6章まで読破。
この調子だと、今月末には試験にいけそうだ。安いバウチャーさがさないとね?。
まってろよ、アイオロス兄さん。。。