幸せの黄色いタイガー&ドラゴン

感想おまちしてます!

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編
やっぱり健さんはかっこいい。 タイガー&ドラゴンもとてもよかった。よくできているドラマだな。
最近の僕は本に支配されている。見たい映画を見尽くしてしまったので、毎日数冊の本を買って(もちろん100円)いるので、帰り道がとてもしんどい。だって重いんだもの。
テリトリーとしてはすべてBOOK OFFになるが、100円でなくてもいいからどうしても欲しい場合は五反田店にだいたいあるのでそちらによって、大井町店、雑色店、蒲田店、川崎店をうろちょろしている。
永遠の子、沈まぬ太陽はすべてそろい、家族狩りはなかなかなくて300円で買い揃えて、村上春樹さんの短編もたまってきて、寝る前には「ねじまき鳥クロニクル」を読んでいる。通勤時間とあわせて、一日三時間はよんでいるのだろう。活字がおもしろくてたまらない。
今日は朝掃除をすませ、床にワックスを塗って家を出た。
そして読み終えた本を売りに行ったが、売値を見る限りBOOK OFFはとても儲かる仕事をしているように感じる。多分も売値から原価を引いてもが50%以上の利益があるんじゃないかな。
そしてそのままきれいな女性の多い雑色の歯医者に行って虫歯の治療をしたが、6本ぐらいやばいのがあるらしい。おかしい。東京にくるまで虫歯なんて数回しか治療したことがないし、歯もちゃんと磨いている。おそらく一人暮らしをするようになって、寝る前にジュースをのみながら本を読むのが駄目だったのだろうと思った。暖かくなってきたので麦茶を沸かして飲んでみよう。そうすれば大丈夫なはずだ。
治療後、本を見に行って、「ねじまき鳥クロニクル」の第3部を買ってから家に帰った。もうあっという間にねじまき鳥クロニクルを2部まで読みきってしまったからだ。家についてポストを見ると「レモニー・スニケットの世にも不幸な物語」の試写会当選はがきが届いていた。少し前に「さよなら、さよならハリウッド」が当たっていたので、来週は2回も会社をサボらないといけない。じゃぁ言い訳は何にしよう。そうだ今日の歯医者でも平日の朝に予約を入れてしまったっけ。よし!「治療のため」といってサボってしまおう。
もうゴールデンウィーク気分なのだ。
「家に帰ってぴかぴかの床を確認し、I.W. HARPERの水割りをつくって、カキピーを食べながら「ねじまき鳥クロニクル」を読んだ。そして3時間ほど寝てしまい今に至るわけだ。
なんだか夜になっても雨が降るという予報も当たっていないので、夜は「コーラス」か「海を飛ぶ夢」のどちらかにGoだな。
そういえば「ねじまき鳥クロニクル 泥棒かささぎ編」のハードカバーを買い忘れていた。