ロボコン

感想おまちしてます!

ロボコン
ちょっと前に日本アカデミー賞があった。
(参考)日本アカデミー賞
そこで「世界の中心で愛を叫ぶ」のアキ役、長澤まさみが助演女優賞を受賞したという。
彼女は「ロボコン」でも新人賞を受賞しているので、2年連続の受賞となるらしい。
まだ17歳。きらきらしていますね。
というわけで、ロボコンを見た。
高専(高等専門学校)で、夏休みの居残り授業として、第2ロボット部に参加する里美(長澤まさみ)。
頼りない部長(伊藤淳史)、他人を思いやらない設計担当(小栗旬)、幽霊部員(塚本高史)
というメンバーの中、ロボットのドライバーを任せられた里美。
ロボットに情熱をかける「ロボコン」に参加するうちに、徐々に引き込まれていくのだが。。。


とても地味な感じのするロボコンの対決シーン。
テレビを見ているような感じがするが、なぜか臨場感があり、
食い入るようにみてしまうところがよかった。
ストーリーが決まっていて、それを演じる。。。という雰囲気が無いため、
ロボットが奮闘する部分では、「あー!あと10秒しかないぞ!」とか、
テレビを見て応援する気分になった。
たまにNHKでやっているのを見かけるが、
「そんな機能いるのかよ!」というものもあり、機能性だけではなく、
しゃれっ気のあるロボコンは面白い。
映画で重量オーバーとなった、ボックスフンド(ロボに犬の顔がはりつけてある)をかばい、
長澤まさみが「顔はとらないからね!」というのがかわいらしかった。
ていうか長澤まさみがかわいかった。
あのーぼへーっとした感じがとてもとてもよいですね。
女優さんとして更なる飛躍を期待しております。
長澤まさみばかりみてしまったが、
個人的には
吉田日出子扮する旅館の女将が、仕事をサボっている塚本高史にむかって
「シャー!」と言うところがはまった。
********************
(追記)日本アカデミー賞の結果
監督・・・崔洋一(血と骨)
主演男優・・・寺尾聰(半落ち)
主演女優・・・鈴木京香(血と骨)
助演男優・・・オダギリジョー(血と骨)
助演女優・・・長澤まさみ(世界の中心で、愛をさけぶ)