横浜日劇 関内MGA、ヨコハマシネソサ、ヨコハマジャック&ベティ閉館

感想おまちしてます!

pic041228_1340001.jpg(写真)旅のお弁当
・横浜日劇
・関内MGA
・ヨコハマシネマソサエティ
・ヨコハマ ジャック&ベティ
の3館が閉館となったらしい。
週末はちょうど関内に行くので、さびしいけど写真を撮ってこようと思う。
(参考)CINEMA・VOICE
MGAは上映する映画のセンスがよかった。
満席の場合は、通路にキャンプの椅子を置いてくれたり、電気は家の電気みたいだし、
親しみの持てる映画館だった。
ヨコハマ シネマソサエティでは、エレファントを見たような気がする。
地下へ降りていくと、せまーいところにおばあちゃんが座っていて、
ずっとあそこにいるんかな?とか思ったりもした。
ジャック&ベティにはいけなかった。
上映のタイミングを見て行こうと思ってたのに。
横浜日劇は文化的価値のある映画館に見えた。
ドラマなどで登場するなど、古きよき映画館(という言葉がぴったり)の面影が
消えるのはとても悲しい。
109シネマズやなんかがみなとみらいにできて、さらに何件かシネコンができるらしい。
そんなにつくって、同じ映画をやってどうなるんだろう。
座席を予約できるようになった。
待ち時間をなくすことができた。
これらは映画にはあまり関係ない。
TOHOシネマズなんかにはよく行くが、それほど混雑するわけでもない。レイトショーもがらがらだ。
昔、映画にはまり込んでいたときに、毎週夜中に車で難波まで行き、
先行オールナイトやレイトショーを見て朝まで友人と映画の話しをしたりした。
いろんな劇場に行ったが、どれも思い出深いものばかりだ。
映画館が減ると、それに伴って何かが減っていく気がする。

コメント

  1. lieutenant+duck より:

    (・ω・||) 知らなかった・・・ オイラもこのこと記事にしよう・・・。

  2. だい より:

    MGAはこっちにきてはじめていった映画館。「息子のまなざし」はあの映画館でなくてはならなかった映画やったね。思い出の場所やったのに。。。