風の歌を聴け

感想おまちしてます!

風の歌を聴け
デレク・ハートフィールドという作家の作品では、主人公が3度死ぬ。
ある新聞記者がインタビューでこう聞いた。
「このことは矛盾じゃないですか?」
すると彼はこう答えたという。
「君は宇宙空間で時がどんな風に流れるのかを知ってるか?」
記者は「そんなこと誰にもわからないですよ。」すると彼はこう答えた。
「誰もが知っていることを小説に書いて、いったい何の意味がある?」
「風の歌を聴け」にはハートフィールドの「火星の井戸」というものについて書かれている。
火星には深い井戸があり、そこに戻った人間は二度と戻れないといわれていた。
ある青年がその井戸にもぐった。彼はそこで死のうと思ったのだ。
長い間か、短い間かはわからないが、彼はずっと井戸をさまよっていた。
そしてある時、突然日の光を彼は感じた。どうやら外に出てしまったらしい。
彼は空を見上げた。すると太陽が以前にもまして大きく膨張していた。
しばらく見ていると、風が彼に話しかけてきた。
「あと25年で太陽は爆発するんだ。」
「どうして?」
「太陽は弱っている。死にかけているんだよ。」
「なぜ急に?」
「君が井戸にもぐっていたときに約15億年たっていたのさ。
君の抜けてきた井戸は時のゆがみに沿って掘られているんだ。
つまり我々は、時の間をさまよっているのさ。宇宙のはじめから終わりまでね。
だから、我々には正もなければ死もない。風だ。」
「ひとつ質問していいかい?」
「喜んで。」
「君は何を学んだ?」
風は少し微笑み、消えていった。
再び沈黙が周りを包んだ。
しばらくして、銃声が響き渡った。