プライド

感想おまちしてます!

pic041124_1559001.jpg(写真)ざらざらした空の青
プライドを持つということは重要なことだと思う。
何も考えずにいることも重要かも知れない。しかし、どこかで確固たる信念がなければ、
自分の言葉に重みがなくなるし、どこかで自分に疑問を持ってしまう。
若さというものはそういう部分を強く表したものに似ている。
どれほど間違えたことであっても、正しいと信じ貫き通せる若さ。
そういったものを理解してくれる人間に多く出会うことができればいいが、
そうでないほうが多いのが現実だ。
新しい仕事が始まり、思ったことを口に出す僕としてはどうでもいいことなのだが、
多分今度一緒に仕事をすることになる人には、僕という変な生き物を有効に扱うことはできないだろう。
きっとベクトルが違うからだ。
その違いを理解できずに頭ごなしに押し付けても、僕はおとなしく黙るような人間ではない。
やられたらやりかえす。いたってシンプルでしょ。
見方だと頼もしいが敵に回るとやっかいな存在。
そういう存在に気が付かないまま、大人の考えを僕にぶつけるがいいさ。
「社会人だから」とか「大人だから」とか、更新されない概念をひきずっても、
誰も何も得をしないのだ。
あーはやくジャックの人形ほしいなー。
そんなことを考えながら、仕事の話を聞くふりをしている。