感受性応答セヨ

感想おまちしてます!

感受性応答セヨ(CD)この音楽があるので、今私は立っていることができます。
生まれて初めてめまいを経験した。
たちくらむことはたまにあるが、仕事をしていて突然目の前の風景がゆがんだのだ。
その日は徹夜明けで、夕方出社して23時ごろに帰った。
帰り道、体がピリピリする。
僕は疲れたときに蕁麻疹が出て熱にうなされ2、3日寝込むことがある。
こう見えてストレスをためているらしく、医者に突然暴発するタイプと診断を受けたこともある。
かなーり危険だぞ自分。
でも今休むわけにはいかない。とかかっこよく言っても、本当はいつ休んでもいいと思っている。
だって僕がいなくても世界が止まるわけじゃないもーん。
自分の体のほうが重要だろう。会社はいつつぶれても知ったこっちゃないが、
自分の体は死ぬまでつきあうんだから。
なんで急につかれが。。。と考えると、今の自分には怒りが足りていないことがわかった。
現状のなめた状況に対しての怒りを、未来への自分に対するパワーに変えてやっていたが、
その日はどうもそういうのがなかった。
駅からの帰り道。
「感受性応答セヨ」のアルバムを爆音で聞いた。
すると、頭の後ろがくすぐったくなって、アドレナリンがどーん!
アミノ酸どーん!(これは矢沢永ちゃん)
何を言ってるかわからないような日本語の歌詞だが、
パワーはみなぎってきたぞ。
これがなけりゃきっと、
・駅で倒れている
・実家に帰る気力もなく家で倒れている
のどっちかだろう。
まけるな自分と自分に言い聞かせるが、「大丈夫だよ」って行って欲しかったりもする。

コメント

  1. 日の戯れ より:

    私信

    親愛なる方へのトラックバック。