tokyo sora

感想おまちしてます!

tokyo.sora
「tokyo.sora」
東京の空の下、6人の女の子の物語。
台湾からの留学生のコは、コインランドリーで出会った青年に
恋をする。青年が読んでいた本を読み、日本語を覚えようとする。
売れないモデルのコは、ティッシュ配りをしながらオーディションを
受ける生活。
美大生のコは、小さい胸をきにしながら恋がはじまる。
昼は小説を書き、夜はランパブで働く葉子。
ある時、自分の小説が編集者の目にとまる。
はやらない喫茶店でたわいのない会話するコ。
葉子と同じランパブで働くユキ。
いつまでもシャンプーばかりで、カットさせてもらない。
6人の女の子には、それぞれの生活があり、その日常の線は
わずかに交差するが絡まない。
東京の空の下、いいことがあったり、わるいことがあったりする中、
彼女達は生きていく。
葉子はユキを主人公とした小説を書き始める。
「空から振る雪のユキ」と名乗ったユキを描き始める。
2人がわずかながら同じ時間をすごすときが、とても印象的だった。
東京の空の下、出遭った二人。思いは届かない。
この映画では、東京の空はなかなか晴れない。
登場人物は本当にかすかにつながっているだけだが、
それぞれが共通に持つ何かが、互いを結び付けているように思えた。
会話は自然であり、東京での生活も日常なのだが、
映像はとてもきれいで、同じ視点で空を眺めているようだった。
映画を見終わった後、オフィシャルサイト
を見たが、そこにELTの持田香織のコメントが載っていた。
この映画を見て詩を書いたらしい。
もしかすると、「ソラアイ」はこの映画から生まれたのかもしれない。
この空の下、普段と変わらないが違う毎日の中、
なかなか晴れない空でも、僕達は生きているということを
感じることができる気がする。