ビリヤードについて

感想おまちしてます!

pic990101_0001.jpg
この写真を見るたびに、何かの為に戦ったりしたことや、何かの為に失ったことを思い出すんだ。
僕はビリヤードに出会って、人生が変わったといってもいいと思っている。
全てにあきらめてたといってもいい自分が、初めて本気を出したのだから。
テーブルの前に立てば、頼れるのは己のみ。
失敗は全て自分の責任となり、成功は全て自分への賛歌へと変わる。
全てをベットして勝負に挑む。このときが一番好き。
外界の騒音が消えて、テーブルに転がった色とりどりの玉だけが、視界に写る瞬間が好き。
本当に勝てないと思える相手に完璧に負けて、
死ぬほど努力して、勝てるようになっていった。
周りをどんどん追い越して、怒りや悲しみや苦しみや喜びや・・・
僕の感情全てをビリヤードというもので表現しようとした。
イチローが大記録を打ち立てたニュースを見ていたら、その頃のことを思い出した。
周りから「センスあるなー」などをよく言われたが、
完全に消沈してしまうような力の差を感じたこともある。才能を持つ人間を見るのはまさに恐怖だよ。
自分にないものを持っているってことを、これほど悔しく感じたこともなかった。
僕のような凡人がいくら努力しても「努力する天才」には勝てないと僕は思ってやっていた。
だから努力しない才能を持った人間を見るのはとてもつらかった。
僕が努力したのは、自分を信じたからでもあり、努力もしない弱い奴を倒すためでもあり、
自分を試したからでもあり、自分を証明するためでもある。
そして何よりも、
努力しようとしない自分を忘れるためだ。

コメント

  1. (独り言です。)あるブログへのトラバ。

    (独り言です。)あるブログへのトラバ。