アクロポリスの丘から

感想おまちしてます!

pic040825_2335001.jpg
(写真)雨が降っても晴れ気分ね
ゴジラの泣き声は、バイオリンの音から作られるらしい。
というように、世の中には知らないことが多い。
「トリビアの泉」うけるのもわかるよな。
オリンピックが終わる。
盆休み終わりから続いた、夢の舞台が幕を閉じるときがやってきた。
アテネオリンピックは、今までにないオリンピックのように思えた。
遠い過去に始まったオリンピックという祭典が始まった場所。
その場所で再度開催されるオリンピックを見ることができて、本当にうれしい。
出場選手全員に「ありがとう」っていいたい。
どのシーンを見ても、涙が出るほど感動した。
こんな話を聞いた。
ハンマー投げなどで、投げた後に、
「うおぉぉー!ぐわぁ!」
と吼える風景を見たことがあるだろうか。
あれは気合の雄叫びだと思っていた。
が、どうやら違うというらしい。


聞いた話だと、あの雄叫びは、
「残しておいた気合を叫んでいるらしい」
どういうことかというと、気合全部を吐き出してしまい、槍やハンマー、円盤などに乗せてしまうと、
思わずフライングしてしまう可能性がでてくる。
つまり、すべてをこめてしまうと、線を越えたらファールという基本的なルールを
忘れてしまう可能性があるのだ。
これ危険ね。
なるほど、あまりにも集中して、ごく初歩的なことを忘れないように、
ハンマーなどに98%ぐらいの気合を使い、あと2%を人間として残しておく。
彼らは投げた後に、2%を放出して叫んでいるのだ!
選手は、残す気合を考えて競技に集中しているのか。
と僕は、選手の影の努力に感動してしまった。
僕たちの知らないところで、選手たちはがんばっているのだ。
そのことを知らない僕らは、
画面からそのことを、知らず知らずに感じ取って感動しているのかもしれない。