バファリンの半分は

感想おまちしてます!

pic040823_0133001.jpg
ちなみに僕の半分は、ハッタリでできています。
さらに、ひよこの半分は怒りで出来ている(らしい)そうです。
頭痛にバファリン。
「バファリンの半分はお母さんのやさしさでできている」といううたい文句が印象的なバファリン。
お母さんのやさしさってなんだろう?
僕はそこで、少し母親のやさしさを思い出してみた。
・体が弱かった小さいころ、雨の日や風の日に病院に連れて行ってもらった。
・料理がうまかった。
・結構、僕を信用してくれた。
・映画の面白さを教えてくれた。
・いい音楽を教えてくれた。
簡単にこれだけのことを思い出した。
バファリンのやさしさはこのどれかにあてはまるのだろうか?


この前、とある女性に「バファリンのやさしさ」について教えてもらったところ、
どうやらバファリンの成分に関係があるらしい。
「まごころとかこめてつくってます」という意味じゃなかったのか。
少し残念。
成分を調べてみると、
・有効成分アセチルサリチル酸(アスピリン)
・ダイバッファーHT(合成ヒドロタルサイト)
と2つの成分でできているらしい。
このどちらかがやさしさだ。(核心に迫る)
とりあえず、ひとつずつ調べてみよう。
まず、アセチルサリチル酸。なんか「ちるちるみちる」みたいな名前だな。
調べてみると、
【アセチルサリチル酸】無色無臭の結晶で融点は135℃。解熱、鎮痛、消炎作用がある。
これは「アスピリン」という名前でよく聞くやつのようだ。
風邪薬とかのCMでも結構聞くように、解熱鎮痛薬に多い成分である。
もう少し調べてみるとこんな言葉があった。
「アスピリンの副作用には、胃腸障害、肝障害などがあります」



ぜんぜんやさしくない!
どうやらアセチルサリチル酸は違うようだ。
だとすると、「バファリンの半分を占めるやさしさ」は、
ダイバッファーHTということになる。
仮面ライダーRXみたいなかっこいい名前が、妙にやさしく思えた。
ダイバッファーHTでは、バファリンが検索に引っかかってしまうので、
合成ヒドロタルサイトで調べてみることにした。そして以下のような内容が見つかった。
【合成ヒドロタルサイト】胃酸を中和し、胃の粘膜を保護するお薬です。胃炎や胃潰瘍に用います。
なんか説明までやさしい。。。(とても丁寧だ)
そうか、こいつが「バファリンの半分のやさしさ」の正体だったのだ。
アスピリンは決してやさしくないが、それをなんとか抑えようと、このダイバッファーHTががんばっている。
なんと泣けてくる話なんだろう。



いやまてよ。
これはお母さんのやさしさなんかじゃない!(みんなだまされるな)
さらに調べた結果、「バファリンA」という製品は、
・アセチルサリチル酸(アスピリン)330mg
・合成ヒドロタルサイト 100mg
なので、やさしさは約4分の1であることがわかった。
○| ̄|_

コメント

  1. lieutenant+duck より:

    いいお母さんだね…涙。きらり。
    ではここでやさしさ情報!
    お母さんが飲ませることでさらに4分の1を補っているのです。わかったかな?

  2. だい より:

    まじかー!薬なんて嫌がらずにガツガツのんでたな?。