ことばのちから

感想おまちしてます!

daipresents2004-07-15
(写真)こういうの多い。
例えば、駅での別れ際。
「じゃあね」といって、振り返らずに帰っていったり。
例えば、何気ない会話。
「○○に行こう」といって、反応が今ひとつだったり。

こうした些細な気持ちの落差が、
人と人とのつながりを決定付けるような気がした。

これは今読んでいる本にあった言葉だ。
最初の例は、こういうときかな?って自分なりの例を挙げてみた。
人と生きることはとても面倒くさいことだ。
結局は人の価値観や感情という言葉で、うまく収まってしまう。

「私は言葉なんて愛せない」

他のBlogで見つけたこの言葉がとても僕は好きだ。
所詮言葉は言葉でしかない。言ってもすぐに消えてしまう。
それでいて、この言葉のように心に残るものもあったりする。
言葉には重みが必ずあると思う。
人を殺す力だって持っている。
いいかげんな言葉なら、気づかずに捨てられたり、捨てることもできる。
でも、そんな言葉でも、口から出すだけで誰かに必ず拾われる気もする。
同じ言葉でも、人が言うだけで悲しくなるようなとき。
自分に帰ってきている気がするもん。
誰にも届かなければ、自分に戻ってくる。
むなしい一人遊びだな。