Ready Steady Go!

感想おまちしてます!

daipresents2004-07-10
(写真)走り出せ。

吹き飛んでゆく風景 転がるように前へ
苦し紛れでも 標的はもう見逃さない

昨日の夜は変だった。
来週から仕事の環境がかわるせいか、
まだ、越してきたばかりの部屋に慣れていないせいか。
スーツを買った。
シャツを買った。
電車の中で読む本を買った。
でもやっぱり足りない。

あの丘の向こうで 君に出逢えたなら
何から話そう そんな事ばかり思うよ

今、一番近くにいる人は、とてもやさしく、残酷な人だ。
こんなこと本人に言うと、「誤解だ」って言われるかもしれないけど、
本人が考える以上に、僕は見ているつもりだ。(といっても「誤解だ」っていわれるかもな)
それに、人の認識ってそんなものでもあると思う。
また、残酷いっていう意味が普通と少し違う。
喜びを素直に受け止めるだけではなく、悲しいことも真正面から受け止めようとする。
答えが見つからないことでも、逃げずにじっと耐えてる。考えている。
そういう人間性が好きだったりする。
大切な人を幸せにしているか?
気分、ノリ、勢いで生きている僕は、たまに我にかえってそんなことを考える。
恋は盲目。浮かれて突き進んでしまうからだ。
自分自身は、足りないものなんかをたくさんもらっているんだけど、
こんな自分に、「人に与えることができるか」なんて自信はもてない。
「強くなる為には、まず相手を癒すことを身につける」
昨日、映画でこんなセリフがあった。
壊すことより、創るほうが難しい。
夢中で駆け抜けてきた。
あっという間の時間、胸の高鳴り。
響いている君の声。
ここで立ち止まるような時間はない。
テレビの字幕のように、読めばわかるものばかりではない。
声を聞くだけで安心できるように、
目に見えないものが大切だったりする。
足りないものが何かはわかっている。
別に安心が欲しいわけでもない。
手が届きそうで、届かないものもある。
伸ばそうとする自分もいる。
自分だけでも、相手だけでもだめだ。
お互いが手を伸ばすから、手をつなぐことができるんだから。

心は ―走る― あの空の下
空回りする気持ちが叫び出すのを止められない
君まで ―届け― きっと後少し
熱く日差しが照らすこの道の向こう READY STEADY GO
PLEASE. TRUST ME.

Ready Go!!
Ready Steady Go – L’Arc~en~Ciel
ASIN:B00013TCCS
READY STEADY GO (CCCD)